一番大事なことは最初のイメージをよくすること!

お客さんからのチャット率を高める自撮りのコツ

チャトレとして稼いでいく上で、プロフ画像に設定している自撮りの写真というのは、第一印象を決めるものでチャットしてもらえるかどうかの第一関門なのです。

チャトレのプロフィール写真というのは、ライブチャットにいる男性ユーザーがその女性とチャットしてみたいと思うかどうかを決める第一印象なので、できる限りいいものを取捨選択しましょう!

ここでは、チャットレディをやる上でプロフィール写真がどれだけ重要なのかと、いい写真の撮り方や悪い写真の例などを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

チャトレのプロフィールというのは、収入の生命線になるといってもいいでしょう。

男性ユーザーがどのチャットレディとチャットしようかと思ったときに、まず真っ先に目に入ってくるのがプロフィールに設定されている写真ですよね。

ライブチャットのトップページには女の子のプロフ写真が並んでいて、どの女の子とおしゃべりしようかなと吟味します。

いってみれば、チャットレディのプロフ写真というのは、玄関口みたいになっているので、最初の第一印象である画像で好印象を抱かせることにより、興味を持ってもらえます。

なので、チャットレディのプロフィール写真というのは圧倒的な報酬への直結度合いを誇っています。適当に選んでしまっては稼げていたものも稼げなくなってしまうので、選びに選び抜いた最高の写真を使いましょう!

人気チャトレの写真の撮り方を参考にする

笑顔で写真を撮る

男性にとって女性の笑顔というのは何物にも代えがたいすばらしいものです。なので、笑顔の写真は必須といっても過言ではないでしょう。

人の笑顔というのは、見る人の緊張を解き、警戒心をなくさせる効果があります。なので、笑顔を絶やさないようにしましょう。

アットホームな雰囲気を醸し出す

チャットサイトで女性とのチャットをしようと思っている目的には、エッチな行為を見たいばかりではありません。まるで自分の彼女みたいに趣味の話だったり愚痴を言い合ったりして癒やされたいという男性もたくさんいるのです。

チャットサイトの男性に選ばれるためには、彼女っぽく映っていて、なおかつ笑顔がすてきだったら最高の写真のできあがりですね。

そもそも彼女感を醸し出す写真の撮り方というのは、全体的な雰囲気なのでこれをこうしたら彼女感がでる!みたいなことは一概に言えることではありません。

彼女作りの雰囲気を出す前に、自分がどういう立ち位置で行きたいのかを決めておく必要があります。そうすれば自動的に立ち振る舞いや服装や髪型などが決まってくると思います。

どういう系統かをわかりやすく

プロフィール写真は自分自身を表現するファクターです。人気の売れているチャトレを見てみると、どういう特徴を売りにしているかが一目でわかるような写真を使っています。

元気が良さそうな子だなとか、清楚でおっとりしていてゆったりマイペースでしゃべれそうだなとか、ギャルっぽくてヤンキーの要素が混じっているなとか、いろいろな特徴を一瞬で伝えることができるのがプロフ写真というものです!

女性にも男性にも清潔感が大切!

当たり前と言ったら当たり前ですが、女性でも清潔感を出すことはとても大切です。男性も清潔感が大切だといわれますが、これは女性にも当てはまります。

プロフィール写真は服装やヘアメイクなど清潔感があるものを採用しましょう。人気チャトレは美容院に行ったばかりのようなツヤツヤの髪でばっちりメイクでとっている人が多いです。

こんな写真は載せてはいけない!

ライブチャットのプロフィール写真は男性客の第一印象を左右するものなので、適当に選ばずに、厳選に厳選を重ねた写真を使いましょう。

チャットレディのプロフィール画像に自分の自撮り以外の写真を載せるのはやめておきましょう。人形だったり、インテリアだったり、部屋だったり、海だったりなどなどです。

そういった海とか山とかの風景写真を載せていると、どういう女性が想像がしにくいので、興味を持ってもらいにくくなります。結果的に報酬が減ってしまうと言うことにもなります。

一瞬だけ目を引くような奇抜な写真を使って興味を引くというテクニックもあるとは思いますが、それは一瞬だけクリックされると言うだけで、チャットしてもらったりリピーターになってもらったりと言うことには別段つながるというわけではありません。

チャットサイトのプロフ画像にのせるものは、自分自身の写真が一番おすすめです!結果的に印象もよくなりますし、稼げるようにもなります。

暗いプロフィール写真

チャットレディのプロフィール写真に使う自撮り画像は暗い写真は使わないようにしましょう。できるだけ明るくてぱっとはじけるような写真がおすすめです。

チャットレディの写真で暗い写真というのは顔が見えにくいのでできるだけ明るい写真を使いましょう。

暗い表情をした写真

機嫌が悪そうな写真というのは単純に印象悪く見えます。まず話しかけたいと思わないですよね。

チャットレディのプロフィール画像というのは、この子としゃべったら楽しそう、癒やされそう、会話が盛り上がりそう、と思ってもらうことによってチャットしてもらえる確率が上がったり、チャット時間が延びたりして、結果的に報酬アップになります。

アプリで加工した写真

カメラアプリを検索して見ると、いくらでもたくさんありますが、加工しすぎるのはよくありません。

チャットレディのプロフィール写真にはすごい盛れている写真になっているのにもかかわらず、いざチャットをし始めてみたら全然違う…なんてことにもなりかねません。

自撮り写メをカメラアプリで加工するのは全然いいと思いますが、あまりやりすぎず中庸くらいにしておきましょう!

ピントが合っていない写真

焦点が合っていない写真を使っている女性は、男性からクリックされにくいので変えておきましょう。ピンぼけしている写真を掲載している女性とチャットしたいとはあまり思いませんよね。

自撮り写メをつくるときは、明るい環境をととのえて、フォーカスをしっかり合わせてとりましょう。

チャットレディとして活躍するための綺麗な写真の撮り方

毎月何十万も稼いでいるような魅力的なチャットレディというのは、プロフィール写真の撮り方がとてもうまく、男性客を魅了するようなコツを駆使しています。

チャットサイトで、男性ユーザーからチャットしてもらいやすくなるような魅力的な写真の撮り方を身につけておけばこれからのチャットレディ生活も安泰です!

女性の笑顔は何よりの武器!

チャットレディの魅力的なプロフィールの撮り方というのは、なんといっても一にも二にも笑顔ですね!男性は女性の笑顔にめっぽう弱いんです!

そもそもチャットサイトというのは、初対面の男女が会話をしたりアダルトパフォーマンスを見せたりするものですが、男性もチャットレディに対して緊張しているのです。

女性がニコニコしていたら、男性としてはしゃべりやすいと思いますし、親しみをもってもらいやすいですね。

にっこりする笑顔が大切です!あまり大口を開けて笑っている写真はよくありません。自然な笑顔でとることがポイントです!

顔出しありと顔出しなしで使い分けよう!

顔出しありでやっているかそうでないかによって、チャットレディのプロフ写真の撮り方というのは変わってきます。

顔出しありでやっているチャットレディは顔がメインなので、顔が決まるような写真を使いましょう。

顔出しありのメイクは濃いくらいがちょうどいいと思います。

顔出しなしでやっているチャットレディは、口元から下を強調するような写真の撮り方がおすすめです。たとえば、巨乳の人なら胸が前面に押し出されるような写真の撮り方をしましょう!

もれるアプリを使う!

ライブチャットのプロフ写真を作成するときは、ちょうどよく盛れるカメラアプリを使うことがおすすめです。

カメラアプリを駆使することにより、簡単に誰でも盛れる写真を作ることができるので、とても重宝しますよね。

最新のカメラアプリには、めちゃくちゃ大量の機能が付属されているので、ついついやり過ぎて別人みたいになってしまうと、男性客から引かれることもあるので、ちょうどいいラインをわきまえておきましょう。

チャットレディのプロフ写真と画面に映っている女性が違っていたら、男性からしたら損をしたと思うに違いありませんよね。

カメラアプリで編集するのは自然な雰囲気に見える程度がちょうどいいと思います。あまりにやり過ぎて、引かれてしまうレベルにやるのが問題なのです。

アプリで編集するときのちょうどいいラインというのは、肌つやが白くて綺麗に見えて、少しめが大きく見えるくらいがちょうどいいラインだと思います。

女性でも清潔感が大切

チャットレディとして他の女性と差別化を図るために、いろいろな仕草をいれてセクシーさを出してみるのも大切です。

セクシーに見える仕草やポーズというのは、顎の近くに手を添えてみたり、ハートをつくってみたり、ピースをしてみたり、いろいろなテクニックがあります。

顔出しなしでやっている人は、顔を隠すようなポーズでもいいと思いますが、顔出しありでやっているひとは、顔を覆わないようなワンポイントみたいな形でやるのがおすすめです。

↑ PAGE TOP